勇気爆発 バーンブレイバーン

盛り上がりだけは知ってて見た。

音楽とかエフェクトが作中でもホントに出てるんかい!で笑っておもしろかった。

イサミとブレイバーンの関係は特段おもしろいとも、騒がれてるほどキモいとも思わなかったな。

スミスが好きだな。

あとイサミのこと好きな女の子。

ルルとスペルビアの未来での掘り下げもっとして欲しかったな〜

ってかスペルビア仲間ヅラしてっけどお前も大量に人殺してるだろってのがあってノリきれなかった。

なにかしら和解とか人類に協力するエピソードあったら違ったかな。

未来のスペルビアが仲間になってたとしても、現在のスペルビアは大量に人殺した後だからな。

バーンブレイバーン形態が好きだった。

やっぱ肩にデッケー砲がついてんのが好きなんよ。

フリーダムとかDXとか。

おもしろかったけど、ネットでストーリー外の盛り上がりしてたんだな〜って感想。

ワイ将はロボットもの詳しくないからそこらの分類は全く知らない。

スミス好きだから、なんでもいいからブレイバーンじゃなくてスミスとして最後戻ってきてくんないかなぁって思ってたら叶ったから嬉しかった。

大怪獣モノ

最初はハイハイありがちな邦画だなって思ってたけど、宗教女が食われたとこからけっこうおもしろくて好きだった。

なにより食われてキャーじゃなくて、まあ食われるよなってとこで案の定食われて、自衛隊がすっきりしたって言うとこの心情がシンクロして好きだった。

ギャグやれってとこもやりはするしちゃんと滑るしで、ニヤニヤ笑いしてた。

セタップの何を元にしたか丸わかりなのは特段何も思わなかったけど、大きくなったら人まで変わるんか〜い!で結構笑った。

そしてそんまま戻んないんか〜い!でもう人笑いした。

もうこの映画を受け入れる準備マンマンで最後まで行ったわ。

プロレスは全くわかんないからそこら辺のおもしろさはわかんなかったけど、わざわざ時間割いた必殺技効かないのおもしろかった。

なんならその修行前に都合良すぎるデート過ぎんだろって思ってたら、作中でも突っ込まれててそこでも心情がシンクロしてた。

途中スパイ出てきたとこでコレで外国のスパイまんまだったらさすがにつまんねーぞって思ってたら違って、もうワイ将の期待に応えてくれるのが嬉しくて好き好き好きだった。

妙にヒロインもかわいいし、主人公かっこいいし(巨人化前)。

悪の細胞どうとかで結構好きなムーブしてきたんだから最後で変にならないでくれ〜って思ってたら、ただの強化フォームで問題ないんかい!で裏切られてまたおもしろかった。

ことごとくの展開がワイ将好みで全体通して結構笑った。

白山と三田さん

完結したわ…

最初っから最後まで好きだったわ。

100話で終わるの別に物語にキリがいいってのないんだけどなんだか好きだわ。

白山くんは割と最初からカッコよかったよな。

三田さんもインパクトありながらも、結構白山さんに助けられてるシーンが多くていい二人だった。

マジで全部の話が好きだった。

ポセイドンのバイト周りの話好きだったなぁ〜

あと春日くんの雑な扱いも好きだった。

こういう恋愛マンガ他に読んだことないから新鮮でおもしろかった。

最終巻も最終手前9巻も受験編終わって安心して楽しい話になってめちゃくちゃおもしろいとともに、終わりに向かっていくのをヒシヒシと感じて寂しかった…

上京するまでの物語だもんな〜

この先も観たいけど、それは蛇足になってしまうもんな〜

ブラックスワン

タイトル聞いたことあったけど、そこまでの作品か?

実力に見合わない役にしてもらったのに、それに見合う努力もしなければ掴むキッカケになった行為をやってみることもできずに勝手に破滅したバカ女。

最後ライバル殺したの妄想だったけど、ライバルが本当に嫌なやつで同じ行動してきたら殺してたってことでしょ?

ワイ将破滅的な成長をエンタメとして容認するタイプじゃないから好きじゃないってのはある。

最後自殺で飛び込むシーンで終わったわけだけど、物語と同じように自分も死んで完璧に演じきったって描写でしょ?

それは結局敵は自分自身だってのを克服できてない逃げじゃん。

親の過度な期待があったってのもあるけど、そもそも主役に耐え切れるような人物じゃなかったんだろ。

見えてる自滅に自ら進んでいったって印象がどうにも強かった。

黒鳥にどんどんなってって羽が生えたまま踊り切るのもバカらしく見えちゃった。

 

円盤皇女ワるきゅーレ

めちくち好きなんじゃ〜!!!

1話??ってなって最初つまづいたけど、そっからはもうずっとおもしろかった。

ワルキューレの声好きだな〜っておもったら緒方恵美なんだ!!

和人もシン・アスカじゃん!!

猫耳部隊に小麦ちゃんの声の人もいたし。

一人一人キャラたってて好きだった。

リカちゃんが妹にしてはあっさりキャラで好きだった。

幼馴染の秋菜はハイドラと巻き込まれコンビとして輝いていたし。

真田さんは登場回からの暴走っぷりが凄くてずっとキャラが濃いし、突飛な物語の展開要因として活躍してた。

大人ハイドラ確かに美人だよな〜

チビキャラの声優が渋かったり、割と有能キャラなのってこの時代のはやりなんかな?

ラストら辺は想像した通りの展開だったけど、挿入歌が良くて普通に良かった。

最後円盤が町に突き刺さりまくってんのは笑っちゃうでしょ。

ライネかわいくて特に好きだった。

もっと和人と会う機会増やして欲しかったな〜

最後ちょこっと出てきたメームさんもお姉さんの訂正入れるおもしろおばさんだったし。

OPで映ってたの他の姉妹だってわかったけど全然でてこなかったな。

昔ながらのカワイイ絵におっぱい丸出しで嬉しいアニメだった。

四畳半神話大系

声優の演技とラストに至るまでがスゴいド名作。

ワイ将高校生の時に最初観て、大学生なって2回観直した。

登場人物と同じくらいの年齢で観るのが一番心に残ると思う。

10話の1話丸々一人で喋り続けた回で声優スゴいと思った。

それに毎回毎回小津に言われてたセリフを立場逆転して言うのはそりゃもう好きだし締めくくりにふさわしいよな。

成就した恋ほど語るに値しないものはないってセリフで、この話はここで終わりですよって言われたのも良かった。

付き合って終わった作品に対して、その後が観たいんだよ!って思うのが多々あるけど、これ言われたら納得して引き下がるわ。

他人を羨むのはよくあるけど、別の選択をした自分自身を羨むのが新しくておもしろかった。

羨んだ相手の自分は後悔しててサークル選びに戻るって構図だったのもまたね…

OPとEDも良かった。

ワイ将のアジカンの入り口はここだった。

フライトプラン

終わってみればまあおもしろかったな〜って映画。

中盤まではここまでして娘が見つからなかったら立場ないだろって、ドキドキともまた違った切ないってか苦しい状況が続いてしんどかった。

結果完全に頭のおかしい人認定で、観ていた側としても娘ってホントは最初からいないんじゃない?って途中から思い始めてたから納得ではあった。

でもワイ将絶対最初に話しかけてきたやつが犯人だろって思ってたから案の定だった。

CAは分からなかったけど。

機械室ってなんであんな見た目にしたんだろ。

実際の機械室知らないけど、あんなマザーコンピューター中枢みたいな見た目実際もしてんのかな?

アラブ人引っ掻いたのも、その後で頬傷つくくらい座席に打ちつけたのもお互いなんだかな〜

そもそも誰も娘を見てないって設定自体無理あるだろ。

なにげに親身になってくれてたCAですらあやふやなんですって犯人たちの仲間ですらないのにこれっておかしいでしょ。

あと飛行機の設計に携わってたから機内に詳しいって設定もあんま生かされてなかったし。

上の通路入るためのハッチ開けと、よく分からんプラグ差し違えとショートさせたのも設定が生きてる!ってよりオイオイやっちゃったよ…感が強かった。

犯人をなすりつけるための計画も杜撰だし。

あとなにより爆発させる必要なくね?

飛行機自体壊すのは違うでしょ。

爆破スイッチ持ってんだからそのまま外出て保安官逮捕でよかったのに。

中盤なんなら終盤まで心労がキツいし、だからといって最後スッキリするわけでもないけどつまらなくはない絶妙な映画。

アラブ人はもっとキレていいと思う。